青汁って価格が違うけど効果に違いはあるの?

ドラッグストアやスーパーで販売している青汁は実に様々な物が存在していて、価格も違うので迷う方が沢山いると思います。
ではどうして同じ青汁なのに価格が違うのかという事になるのですが、大きく分けると使用している原料と作成している会社の作成費とその青汁の宣伝費になります。
宣伝費と作成費はそれぞれの会社で違うがあるので、価格の相違が出ても仕方ないのですが、注目すべきは使用している原料になります。

青汁に使用してある原料はケール、明日葉、大麦若葉、ブロッコリーなどの青野菜になります。
この中で一番手間がかかり、費用がかかるのはケールで、他はそこまで費用がかからないとされているのですが、中にはケールと明日葉を同時配合してある物もあります。
価格で大きな変動がみられるのはこの原料の配合の仕方にあり、配合してある青汁の原材料が多ければ多いほど価格が高くなってきます。

ドラッグストアやスーパーで青汁を見かけたら、価格と配合してある原料を見ていくと価格の差に納得がいくと思います。
また、配合してある青汁ほど価格が上がるという事は、価格が高ければ高いほど効果が期待できるというものになります。
青汁の効果を濃厚に摂っていきたい方は、価格は高いですが、複数の原料を配合してある物を選んでいきましょう。